運転免許証を紛失した

運転免許証を紛失した時には、警察にまず遺失届を提出しましょう。
しかしながら、届出を警察署へ提出しなくても再交付の手続きはできます。
次に、運転免許証の再交付の手続きを、近くの運転免許センターで行いましょう。
この際には必ず本人が行く必要があります。


運転免許証を再交付してもらう場合の書類としては、運転免許証紛失盗難顛末書、運転免許証再交付申請書、申請用の写真1枚、本人確認が可能な証明書が必要です。
再交付の手続きを運転免許センターや試験場で行うと、即日再交付してくれます。
しかしながら、手続きを警察署で行った場合には、再交付が後日になるため注意しましょう。


運転免許証が盗難・紛失で無くなった場合は、本人確認が可能な書類、例えば保険証、住民票、学生証、在留カードなどが必要です。
なお写しでは認めてくれないため、現物を必ず持参しましょう。
運転免許証紛失盗難顛末書と運転免許証再交付申請書は、運転免許センターに置いてあります。
また、暗証番号がIC免許証の場合は必要になります。
運転免許証を再交付してもらうための手数料は3600円になります。


再交付の手続きについては期間の制限などは特にありません。
しかしながら、運転免許証が無い状態で車を運転すると、運転免許証を携帯していないということで罰金を取られるため、運転免許証の再交付の手続を速やかに紛失した場合にはしましょう。
本サイトでは、手続きで再交付が可能、再交付してもらう場所、再交付の手続きが必要、についてご紹介します。






▽特選外部サイト
比較的簡単に安く運転免許証を取得できる合宿免許情報を紹介しているサイトです...合宿免許